埼玉県は古く武蔵国の一部として歴史を育んできました。とくに平安末期以降の武士団の活躍は目覚しく、さまざまな歴史が彩られています。そんな埼玉県の歴史を現在に伝える史跡、名所が県内に多数残されています。

埼玉県を代表する史跡として真っ先に挙げられるのが氷川神社。東京・埼玉一円に大勢力を誇る氷川神社の総社であり、2400年以上の歴史を誇る伝承を持つ日本でも屈指の古社です。かつては武蔵国の一宮として尊崇を集めてきました。

それから秩父三十四箇所。日本100観音巡りの地としても名高く、西国三十三箇所、坂東三十三箇所と並んで多くの巡礼者が訪れる地域となっています。

それから城。歴史ブームの影響もあって城に興味を持つ人も増えているようです。埼玉県には行田市の忍城と川越市の川越城という2つの名城があります。どちらも日本100名城に数えられているほか、関東7名城にも加えられています。川越城は川越藩、松平家の城。忍城も松平家による忍藩の城でした。忍城に関しては1590年に行われた秀吉の小田原征伐の際の舞台となり、その際に攻防が繰り広げられた水攻めは「日本3大水攻め」として現在まで語り継がれています。
川越市といえば武家屋敷が残る町並みも忘れてはいけないでしょう。江戸時代の蔵作りの屋敷が現在も残る町並みは全国的にも貴重なもので、観光地としても高い人気を誇っています。

古代では鉄剣の出土で名高い行田市の稲荷山古墳を含む埼玉古墳群も忘れてはいけないでしょう。この鉄剣によって「倭の五王」のうちの1人、「武」が雄略天皇であることが確認されたのでした。こうした史跡を巡ってみるのも楽しいのではないでしょうか。

埼玉県全域に鉄道が走っています。埼玉県全域は鉄道でもアクセスがしやすく。また東京23区内へアクセスしやすい利便性があります。大宮駅では、東北・上越・長野・山形・秋田の各新幹線が止まります。JR線は埼京線や武蔵野線など、さまざまな路線があります。多くの方はアクセスのしやすさなどでJR駅の近くの住宅探しをするほどです。JR以外の私鉄としては、東武鉄道、西武鉄道、つくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)、埼玉高速鉄道、秩父鉄道、埼玉新都市交通と東京メトロなどが参入しています。乗り継ぎは必要になりますが、県内すべてが鉄道でつながっているので、便利だと言えるでしょう

。埼玉県の鉄道路線図は、埼玉県の公式サイトや旅行関係のサイトで閲覧することができます。手帳などに付属している路線図は東京23区内のみにとどまっていますので、できれば埼玉県内の路線図も知識程度に用意しておかれるとよいでしょう。埼玉では蒸気機関車(SL)が不定期ですが運転されている路線があります。

秩父鉄道では、ノスタルジーを感じさせるSLが活躍する「SLパレオエキスプレス」の運行があります。冬季はお休みになりますが春から初冬にかけて秩父路を走ります。車内展示等に季節の趣向を凝らしており、車内アナウンスにも人気の地元出身の落語家を起用する等観光客がとても楽しい時間を過ごせるような工夫がちりばめられていますので、是非一度乗車されることをお勧めします。埼玉といえば「鉄道博物館」があります。鉄道ファンの聖地とも言われていますが、鉄道ファンではなくとも家族で楽しめる場所としてお勧めです。